直接原価計算3

試験対策
12 /18 2012
<直接原価計算>

~直接原価計算の発展による固定費の変遷~

●従来
  ↓

・( ① )を向上させ、( ② )が負担する固定費を引き下げるという、( ③ )管理が中心


●直接原価計算の発展により
  ↓

・固定費を( ④ )と( ⑤ )を準備・維持するための原価である( ⑥ )と捉えて、( ⑦ )で分類し管理することが中心となった。


●従来と異なる点
  ↓

・原価をどのように( ⑧ )するかという観点が異なる。


①操業度 ②製品単位あたり ③利用的
④物的設備 ⑤人的資源 ⑥キャパシティー・コスト
⑦発生原因 ⑧認識




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。
スポンサーサイト

直接原価計算2

直接原価計算
12 /18 2012
<直接原価計算>

●直接原価計算が外部公表用として認められない理由

・直接原価計算は( ① )として、( ② )と( ③ )的に( ④ )して結びついているという( ⑤ )要件を満たしている。

   ↓ しかし

・( ⑥ )という( ⑦ )要件を満たしていないため、認められていない。


①制度 ②財務会計機構 ③有機 
④常時継続 ⑤形式的 ⑥社会的承認
⑦実質的


●直接原価計算の目的

・目的は3つあり、最も重要な目的は( ① )目的である。

  ↓ 

・全部原価計算では、固定製造原価を製品単位あたりに負担させているため、( ② )と( ③ )の関係の把握が困難である。

  ↓ そこで

・直接原価計算では、原価を経常的に( ④ )と( ⑤ )とに区分し、( ⑥ )のみを製品に集計する。

  ↓ このため

・( ⑦ )が明確となり、( ② )と( ③ )の関係の把握が出来るようになる。

  ↓ また

・( ⑧ )等の情報も入手できる。

  ↓ したがって

・( ⑨ )の設定や( ⑩ )の検討に役立つことが考えられる。


・付随的な目的として、( ⑪ )目的や( ⑫ )目的がある。

  ↓

・( ⑪ )目的では、直接原価計算は固定費を製品単位あたりに配賦しないため、( ⑬ )や( ⑭ )に有用な情報を提供できると考える。

  ↓ また

・( ⑫ )目的では、変動費(直接費)は( ⑮ )で、固定費(間接費)は( ⑯ )によって金額的に管理できるため、原価管理の考えに適した管理が出来る。

  ↓ さらに

・固定費を( ⑰ )で分類することで、( ⑱ )性に基づく管理が出来る。


①利益管理 ②営業量 ③利益
④変動費 ⑤固定費 ⑥変動製造原価
⑦貢献利益 ⑧CVP ⑨利益計画
⑩利益改善 ⑪経営意思決定 ⑫原価管理
⑬価格決定 ⑭業務的意思決定 ⑮物量標準
⑯部門予算 ⑰発生原因 ⑱管理可能





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

直接原価計算①

直接原価計算
12 /16 2012
<直接原価計算>

●原価計算基準において総合原価計算のみ、直接原価計算の規定を置いている理由は

・直接原価計算の計算方法(固定費と変動費を区別する)は個別原価計算でも変わらない。

・しかし、個別原価計算で( ① )を行う場合、( ② )別に一括的に固定費を配賦するのではなく、( ③ )別に配賦することが求められ、かなりの手間を要する。


①固定費調整 ②科目 ③製造指図書


●原価計算と責任会計

・直接原価計算により、固定費を( ① )と捉えられるようになり、当該固定費を( ② )に応じて管理することが考えられるようになった。

・( ① )を大別すると( ③ ( ④ 固定費))と( ⑤ ( ⑥ 固定費 ))に分けられる。

・( ③ )は、中級管理者にとって短期的には( ⑦ )であり、( ⑧ )などによって意思決定が行われる。( ⑤ )は、中級管理者にとっても短期的に( ⑨ )であり、( ⑩ )での管理がなされる。これは、具体的には広告宣伝費など支出と( ⑪ )の関係の把握が困難であり、( ⑫ )を分析することにあまり意味をなさない時に適用される管理方法である。

・上記のように直接原価計算の目的で最も重要な( ⑬ )に加えて、標準原価計算による( ⑭ )や( ⑮ )の基礎も提供することが出来る。

①キャパシティーコスト ②発生原因 ③コミテッド・コスト
④拘束 ⑤マネジド・コスト ⑥自由裁量 
⑦管理不能 ⑧上級管理者 ⑨管理可能
⑩ゼロベース予算 ⑪効果 ⑫過去の実績
⑬利益管理 ⑭原価管理 ⑮責任会計


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

内部監査①

内部監査
12 /15 2012
<内部監査>

●内部統制における内部監査の役割

・内部監査の機能は内部統制の( ① )性及び( ② )性を検討、( ③ )することも含まれる。

・それは、内部統制の構成要素の( ④ )における主要な機能の一つであり、内部統制の( ⑤ )及び( ⑥ )を検討、評価し、必要に応じて、その( ⑦ )を促す役割がある。


①妥当 ②有効 ③監視
④モニタリング ⑤整備 ⑥運用状況
⑦改善



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

企業結合②

企業結合(財表)
12 /15 2012
<企業結合>

●<下線>損益計算の観点から見た持分の継続・非継続

・持分の非継続の考えは、投資家はいったん投資を( ① )し、改めて( ② )を行ったと考えられる。この為、この( ② )額が( ③ )であり、企業結合時点での資産及び負債の( ④ )であると考えられる。
・一方、持分が継続しているのであれば投資の( ① )、( ② )は行われていないため、企業結合前の( ⑤ )がそのまま( ③ )となる。
・企業にとっての利益はこれらの( ③ )を( ⑥ )していき、その超過額が利益と考えられる。
・よって、持分の継続・非継続は、企業にとっては( ③ )の( ⑥ )の違いを意味している。

①清算 ②再投資 ③投資原価 
④時価 ⑤帳簿価額 ⑥回収計算


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

個別F/S監査と連結F/S監査

グループ監査
12 /14 2012
<グループ監査>

●個別財務諸表監査と連結財務諸表監査

・個別財務諸表監査と連結財務諸表監査は共に財務諸表の( ① )性について監査することで共通する。
・しかし、個別財務諸表では、財務諸表の問題だけを示せばよいのに対して、連結財務諸表では財務諸表の問題に加えて、( ② )の問題、連結のための( ③ )及び( ④ )の( ① )性、( ⑤ )性及び( ⑥ )性などの連結独自の問題がある点で相違する。
・また、( ⑦ )性の判断の基準も個別財務諸表監査と連結財務諸表監査の間で異なる。

①適切 ②連結の範囲 ③修正
④組替 ⑤網羅 ⑥正確 ⑦重要




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

グループ監査①

グループ監査
12 /13 2012
<グループ監査>

●グループ監査とは
・( ① )からなるグループが作成するF/Sに対する監査のこと。また、( ② )が( ① )から構成される場合(本店・支店など)も含まれる。さらに、( ③ )から作成されるF/Sの監査において( ④ )を関与させる場合にも、必要に応じて適用がある。

①複数の構成単位 ②個別F/S
③単一の構成単位 ④他の監査人


●重要な構成単位とは
・グループに対して個別の( ① )を有している、又は、グループ財務諸表に係る( ② )が含まれる可能性があると、( ③ )が識別した構成単位を言う。

①財務的重要性 ②特別な検討を必要とするリスク
③グループ監査チーム


●責任
・グループF/Sの監査意見については、( ① )又は( ① )の( ② )が責任を有する。このため( ① )はグループF/Sに対する( ③ )において、( ④ )の利用に関して( ⑤ )してはならない。何故なら、( ③ )において当該利用した旨を記載することにより、利害関係者は( ⑥ )が図られているとの誤解を生じさせるからである。ただし、( ⑦ )に関して十分かつ適切な監査証拠を入手できなかったために( ⑧ )を表明する場合において、当該事項の( ⑨ )をするために必要と判断した場合は( ⑤ )する場合がある。

①グループ監査責任者 ②監査事務所 ③監査報告書
④構成単位の監査人 ⑤言及 ⑥責任分担 
⑦構成単位の財務情報 ⑧除外事項付意見 ⑨理由の説明


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

企業結合①

企業結合(財表)
12 /12 2012
基本的に覚えないといけないと私が感じたところは、(   )として虫食い問題にしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<企業結合>

~定義の暗記~

●「取得」とは
・ある企業が他の企業又は企業を構成する事業に対する支配を獲得すること。
(法令基準集に記載されているため一読程度)


●「持分の結合」とは
・いずれの( ① )又は( ② )の( ③ )も他の( ① )又は( ② )を( ④ )したとは認められず、( ⑤ )の( ⑥ )や( ⑦ )を引き続き( ⑧ )することを達成するため、それぞれの( ② )のすべて又は( ⑨ )のすべてを結合して( ⑩ )となること。
(法令基準集に乗っていない→すべて暗記)

①企業 ②事業 ③株主
④支配 ⑤結合後企業
⑥リスク ⑦便益
⑧相互に共有 ⑨事実上
⑩1つの報告単位


●「パーチェス法」とは
・( ① )から受け入れる資産及び負債の( ② )を、対価として交付する( ③ )及び( ④ )等の( ⑤ )とする方法。

①被結合企業 ②取得原価 ③現金 
④株式 ⑤時価(公正価値)


●「持分プーリング法」とは
・すべての( ① )の資産、負債及び( ② )を、それぞれの適切な( ③ )で引き継ぐ方法

①結合当事企業 ②資本 ③帳簿価額


●「フレッシュ・スタート法」とは
・すべての( ① )の資産及び負債を( ② )の( ③ )に評価替えする方法

①結合当事企業 ②企業結合時 ③時価


以上を暗記した上で
~企業結合の経済実態と会計処理~

●「取得」と「パーチェス法」の組み合わせの理由
・ある企業が他の企業又は企業を構成する事業に対する支配を獲得するということは( ① )的にはいずれかの結合当事企業による( ② )と同じである。そこで、( ③ )から受け入れる資産及び負債の( ④ )を、対価として交付する( ⑤ )及び( ⑥ )等の( ⑦ )とするパーチェス法は現行の( ⑧ )と整合するからである。

①実質 ②新規の投資 ③被結合企業
④取得原価 ⑤現金 ⑥株式
⑦時価 ⑧一般的な会計処理


●「持分の結合」と「持分プーリング法」の組み合わせの理由
・いずれの結合当事企業の( ① )も( ② )が断たれておらず、( ③ )を獲得していないと判断される限り、( ④ )によって( ⑤ )が変質しても、その変質によって個々の( ⑥ )は( ⑦ )していないとみるものであり、( ⑧ )同士の( ⑨ )の会計処理と同じ考え方であるから。

①持分 ②継続 ③支配
④企業結合 ⑤投資のリスク
⑥投資のリターン ⑦実現 
⑧非貨幣性資産 ⑨交換



ーーーーーーーーーーーーーーー




貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。

また、他の方も、繰り返しでもいいので、「こういうのまとめてみました」
とか「このような理解の方がいいよ」、「これはまとまってないよ(わかりにくい)」
などのご指摘があればよろしくお願いします。

会計オタ

公認会計士になりたい!目指してる人!公認会計士にかかわる人!コメントよろしくです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。