スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商業使用人

商法
05 /27 2012
H24短答試験Ⅱの第1問ですね

商業使用人とは、簡単に言うと商人の下で働く人のことですね

大きく分けて3つで(暗記)
●支配人
●ある種または特定の事項の委任を受けた使用人
●物品の販売を目的とする店舗の使用人

です。

特にこの中で”支配人”が一番大切です。

では


まとめを書いていきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<商業使用人>

~支配人~

・裁判上、裁判外の行為をする権限を有する

・支配人の代理権に制限を加えても、善意の第三者に対抗できない

・名称ではなく実質によって決まる

・支配人が他の支配人を選任することは×(他の使用人なら〇)

・自然人でなければならない(会社×)

・未成年者などの制限行為能力者〇

・代理権の消滅(雇用関係の終了)
→支配人の死亡・後見人・破産又は
→商人の破産
による。(商人の死亡×)

・選任、終任は必ず登記(会社は本店で)

・競業避止義務
→「自己または第三者の為にその商人の営業に属する部類の取引をしない」

・営業禁止義務
→「自ら営業を行うこと」
「他の商人または外国会社の使用人になること」
「会社の取締役、執行役または業務を執行する社員になること」
をしない


●表見支配人

・要件は
「外観の存在」・・・実質で
「帰責性」・・・・・・・黙示的でも〇
「外観への信頼」・無重過失
があること。

・裁判外の行為の権限を持つとみなされる(裁判上×)


●ある種または特定の事項の委任を受けた使用人

・ある特定の範囲内で裁判外の行為をする権限を有する。(裁判上×)


●物品の販売を目的とする店舗の使用人

・店舗内の物品の販売に関して販売代理権がある


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上

これだけやれば大丈夫ですかね^^;

ということは

今回のイの肢は分からなくてもよく、ウの肢は物品の販売を目的とする店舗の使用人であるので、×肢ですね

では

貴重なお時間をさいて見てくださりありがとうございました。

お疲れ様です。

何か御意見御感想があればよろしくお願いします。

あと、〇〇についてまとめてほしいというのがあれば、私なりにまとめてみようと思います。
私の勉強にもなりますので、要望があれば遠慮なく書き込みのほどよろしくです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

会計オタ

公認会計士になりたい!目指してる人!公認会計士にかかわる人!コメントよろしくです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。